So-net無料ブログ作成

ネット選挙の現場 ツイッターで政局も発信(産経新聞)

 民主党の前川清成、自民党の山田衆三、共産党の太田敦の3氏全員がホームページ(HP)やブログを公開している。3氏のうち前川、太田両氏はミニブログ「ツイッター」にも参入している。

 特に、力を入れているのが前川氏だ。鳩山由紀夫前首相が辞任を表明した6月2日には、午前中からツイッターで「何らかの『決断』が示されると予想されます」など5件のコメントを投稿し、緊迫した政局の動向をリアルタイムで発信してみせた。

 同じくツイッターに参入している太田氏は、支持者らからの反応や意見に対してもこまめにコメント。ブログでは演説会の予定周知のほか、ミニ集会参加者への感謝の言葉や支持者らと撮影した写真をアップして親しみやすさをアピールしている。

 山田氏の場合、ブログで連日、駅立ちの様子を画像付きで紹介しているほか、ポスター掲示場所の提供も呼びかけるなど、ネットを組織力を補完するツールとして駆使している。

【関連記事】
広大な地盤はネットで克服 生い立ち紹介の漫画
ネット選挙〜現場報告 秋田 高齢化の街では「対面主義」!?
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏
政治家もネット力大切 ツイッターなりすまし
ネット選挙解禁、会期延長なければ「白紙」
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

郵政法案は「臨時国会で」 民主・輿石氏(産経新聞)
亀井郵政相 辞任を閣議決定…後任は国民新・自見氏で調整(毎日新聞)
医療機関の倒産、5月は5件−帝国データ(医療介護CBニュース)
荒井戦略相 コミック、CDなどの領収書 事務所費問題(毎日新聞)
“紅茶市場”新たなファン獲得 多様な風味&健康的 合う料理も提案(産経新聞)

最高100万円超も=処分家畜の補償で基準―宮崎県(時事通信)

 宮崎県は2日、口蹄(こうてい)疫問題に絡む畜産農家への損失補償に関し、処分された家畜の時価評価基準を公表した。肉用牛、乳用牛、豚などを生育段階で分けて一定の基準価格を定めた上で、血統などの付加価値を加味し具体的な補償額を決める。肉用牛の場合、最高で1頭100万円を超える可能性がある。
 県は評価に必要なデータの収集を市町やJAなどの協力を得て同日から開始した。対象は感染の疑いで殺処分された(予定を含む)か、ワクチン接種済みの家畜を合わせ約28万頭。 

【関連ニュース】
ワクチン費用、国が負担=口蹄疫で宮崎訪問
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害力
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数
反対農家除き終了=ワクチン接種

パナソニック、ポータブルナビ「Strada POCKET」にワンセグ録画機能を内蔵
“神鹿襲撃”飲食店主の浅はかすぎる動機とは…(産経新聞)
「みんな討ち死にだ」民主・参院改選組に危機感(読売新聞)
北九州の生活保護訴訟、控訴審も市が敗訴(読売新聞)
KEN ISHIIの実験サイド、Flareの廃盤名作2枚をパッケージ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。